手帳・ノート PR

マンスリー手帳の書き方について目的別に詳しく紹介します!

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

マンスリー手帳は、様々な書き方があり、自分の用途に合わせて使えるのがメリットです。

マンスリー手帳について、どんなものかは知っていても、何を書いたらいいのかわからず悩んでいるのではないでしょうか。

そこで、ここではマンスリー手帳の書き方について紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

シュミーでは手帳に関する本を出版中!「手帳が続かない」「手帳に書くことがない」という方に向けた、実例付きの使い方を紹介しています。

Kindleunlimitedの会員なら無料で読めますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

【日常で使う目的】マンスリー手帳の書き方について

出典:
https://www.photo-ac.com/main/detail/3632122?title=%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC

マンスリー手帳の書き方は、スケジュール管理以外にもたくさんあります。そこで、ここでは、スケジュール管理以外で日常で使う際に、おすすめの書き方を4つ紹介します。

【日常で使う】マンスリー手帳の書き方について
  • 一言日記を書く
  • 絵日記を書く
  • 食事や睡眠の記録を書く
  • 趣味の記録を書く
  • 家計簿を書く

一言日記を書く

普段の予定を書くのではなく、その日思ったことや感じたことを一言で書きます。

普通の日記は、なかなか続かないという方は、一言日記から始めてみると日記が続きやすくなるかもしれません。

嬉しかったことや悲しかったことなどなんでも書いておくと、後から読んだ時に、自分は昔よりも成長してるなと感じることができますよ。

絵日記を書く

マンスリー手帳は、1日1マスが正方形になっているので、絵日記としても活用できます。

自分しか見返すことがないので、絵が下手だけど書くのが好きという方におすすめです。

食事や睡眠の記録を書く

食べたものや睡眠の記録を書いておくと、健康管理に役立ちます。

「この日食べすぎたな」「この日は睡眠時間が少なかった」など振り返ることができますよ。

マンスリー手帳に食事や睡眠を書くと、体調管理がしっかりできるので試してみてはいかがでしょうか。

趣味の記録を書く

趣味の記録としてマンスリー手帳を使う方もいます。その日作った料理や、読んだ本などを記録しておくと、いつ何をしたのか見返すことができます。

マンスリー手帳を見返すことで、自分の自信にもなるのでおすすめですよ。

家計簿を書く

手帳に使ったお金や収支の計算などを書いて、家計簿目的に手帳を使うのもよいでしょう。

家計簿のようにあまり細かく記録する必要はないので、家計簿が苦手な方でも手帳なら簡単に家計簿を付けることができますよ。

【仕事で使う目的】マンスリー手帳の書き方について

出典:
https://www.photo-ac.com/main/detail/27512104?title=%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%81%A7%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E7%AE%A1%E7%90%86

マンスリー手帳は、日常でも使えますが、仕事でも活用できます。

そこで、ここでは、仕事で使う場合のマンスリー手帳の書き方を4つ紹介します。

【仕事で使う目的】マンスリー手帳の書き方について
  • 休日をマーカーで囲う
  • 余白部分に今月の目標を書く
  • 仕事の予定と共にプライベートな予定も入れておく(仕事で使う場合)
  • 余白に書いたタスクやtodoリストは終えたらチェックをする

休日をマーカーで囲う

仕事の休みの日を自分の好きな色のマーカーで囲んでおきましょう。

好きな色のマーカーを使用すると、休日がより楽しく感じられますよ。

余白部分に今月の目標を書く

余白部分に今月の目標を書くと、手帳を見た時に目に入るので気合いが出ます。

今月の目標だけではなく、todoリストやタスクも書いておくと、忘れずに済みますよ。

仕事で使う場合は仕事の予定と共にプライベートな予定も書く

会議や打ち合わせなど、決まっている予定はマンスリー手帳に書いておきましょう。

締め切り日がある場合も、書いておくと安心です。仕事の予定とプライベートな予定を色分けして書くと、わかりやすいのでおすすめです。

余白に書いたタスクやtodoリストは終えたらチェックをする

余白に書いてあるタスクやtodoリストをやり終えたら、チェックを打っておきましょう。

チェックを打つと、やり終えたという達成感が味わえますよ。やり残しややり忘れにも気づけるので、チェックを打つようにしてくださいね。

マンスリー手帳をおしゃれに仕上げる方法

出典:
https://www.photo-ac.com/main/detail/2204091?title=%E6%89%8B%E5%B8%B3%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%86

マンスリー手帳をおしゃれにしたいと思ったら、その日の予定に合わせたイラストを描いてみたり、スタンプを貼ったりしましょう。

イラストが苦手な方は、スタンプやマスキングテープを貼るだけでも楽しい雰囲気でおしゃれな手帳に仕上がるので、スタンプを貼るのがおすすめです。

他にも、会議をMTGという略語を使って書いておくと、シンプルでかっこいい雰囲気になります。

自分の好きな雰囲気を作れるのが手書きの手帳のメリットですので、楽しい手帳を完成させましょう!

マンスリーとウィークリーで迷ったら

マンスリー手帳が良いのがわかったけど、ウィークリーも迷っている方もいると思います。

マンスリー手帳は、見開きで1ヶ月の予定を確認できるので俯瞰しやすいのが特徴です。

ウィークリー手帳は、見開きで1週間の予定を確認でき、1日の時間を細かく書き込めます。

1日の予定がたくさんある方はウィークリー手帳、日常で使ったり、仕事で使うけれど1日の予定は数件のみの方はマンスリー手帳がおすすめ。

手帳 特徴
マンスリー ・見開きで1ヶ月の予定を確認できる

・俯瞰しやすい

ウィークリー ・見開きで1週間の予定を確認できる

・1日に時間が割り振られているので、細かく時間ごとに予定を管理できる

まとめ:目的に合わせてマンスリー手帳を使いこなそう

今回は、マンスリー手帳の書き方について紹介してきました。以下簡単にまとめてみます。

マンスリー手帳書き方についてのまとめ
  • マンスリー手帳は見開きで1ヶ月の予定が書き込める
  • スケジュール管理以外でも一言日記や絵日記など様々な使い方ができる
  • イラストを描いたりスタンプを貼ったりするとよりおしゃれになる
  • マンスリー手帳は、日常で使いたい方や仕事で使う場合は1日の予定が数件しかない方におすすめ

マンスリー手帳は、一言日記や絵日記などの日常として使え、仕事の手帳としても活用できます。

マンスリー手帳は、薄くて軽いので、持ち運びにも便利です。イラストを描いたりスタンプを貼ったりするとよりおしゃれに仕上がります。

自分の目的に合わせて、マンスリー手帳を使いこなしてみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
なつみ
愛知県在住|会社員|丁寧でわかりやすい執筆を心がけています。|趣味▶︎ラジオ(むかいの喋り方・沈黙の金曜日・佐久間宣行のANN0・オードリーのANN・三四郎のANN0)